未分類

日本という国の言葉はいつから?

投稿日:

とほかみサイエンスの

あんこですクローバー

 プロフィール

 

本日もお越し頂きありがとうございますキラキラキラキラ

 

 

こちらのブログでは、神社、言霊、現実創造などの役立つ情報や、心に響くようなお話をお伝えさせて頂きます。

 

 はい! LINE公式をはじめました〜

そしじの漢字をプレゼント

LINE公式 友達の登録もどうぞ

結界や祓いの作法や言霊などもやってみよう!!

下差し下差し下差し

>友だち追加

670年から700年ぐらいの間に

日本という国の呼び方ができた。

これは天武天皇の時代です。

天皇という言葉と日本という国の名前はどちらが古いのか?

天皇は 608年には天皇という呼び名があったようです。

ちょうど 推古天皇の遣唐使の時代ごろ

西暦が670年以前の日本は

やまと と言われてました。

 これで やまと

やまと言葉はすでにありましたが  当時の中国が倭(やまと)

という字を当てた

倭も大和も日本も(やまと)と呼ばれていた。

やまと という言葉(よびかた)が先にあり

それに 漢字をあてた

当時の中国から 日本は じつ ぽんぐ とも言われ

マルコポーロが聞いた時に

じぽんぐになり  ジパングだったり ジャパンになった。

日本は 天照大御神様の ひのもと にある

日本 ひのもと

ひふみよいむなやこと

日本の日はひ

ひは靈  ふは増える  みは身(からだ)

ひで 人はものの始まりの魂から始まって

ふで 靈が陰陽として分かれて増える

みで 体に入る 分かれた靈が実体化していく様

魂が本体で 身は借り物である。

日本の 日(ひ)がもと

つまり  魂がもとである。

日本国家の根本は肉体ではなく 身体のもとにある魂である

この意味が 日本という漢字に込められた意味でもあるのです。

そう だから

やまとの魂が大切なのは そういう意味である。

日本は 非常に高貴な文化の国です。

本日も最後までご覧いただき

ありがとうございましたお願いキラキラハート

YouTube1000人達成花火 ありがとうございます!!

勝手に5000人目指していきます。。

同じく神社や言霊、現実創造などについて話しています。

良かったら遊びに来てください。

下差し

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

出雲とヤマト 歴史3

幸神(サイノカミ)は三柱 父神 クナトノ大神  母神 幸姫命  神子神 サルタ彦大神 出雲王国の滅亡 出雲王国は 3世紀頃に 第二回目のモノノベの東征により滅亡しました。 モノノベは秋上家と名乗り富家 …

出雲族のお話 口伝

出雲口伝のお話を少しずつ綴っていきます。   出来れば 古事記の内容がわかる方が   より伝わる内容だと思います。   出雲族はいったい何処から来たのだろう。 &nbsp …

no image

出雲とヤマト 歴史2

前回の続き 出雲王国ができたのは、紀元前660年 この出雲王国は 周りの国を武力で制するのではなく 言葉によって和合していった。 そういった 言葉で出雲王国が大きくなっていったので ”言を向けた”とい …

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

スピリチュアルだけ、ビジネスだけではなく、見える世界と見えない世界をうまく融合することで生活は幸せで豊かになります。

ビジネス、スピリチュアル、私生活のお得情報など、ブログに綴っていきます。

個人事業で派遣代理店業務や顧問をしています。